Top
  What's New
  事業内容
  取り扱い商品
  介護保険制度について
  介護保険認定
  レンタル契約の流れ
  介護保険の給付対象
  個人情報保護
  介護Q&A
  会社概要
  会社沿革
  お問い合わせ
  サイトマップ
 
 

介護保険制度は、わたしたちの住む市区町村が保険者となって運営します。40歳以上の方が被保険者(加入者)となって保険料を負担し、介護が必要とされたときには、費用の一部(原則として1割)を支払って介護サービスを利用するしくみとなっています。
種 類 資 格 利 用
第1号被保険者 65歳以上の方 介護や支援が必要と認定された場合にサービスを利用できます。
第2号被保険者 40歳以上65歳未満の方
国民健康保険や職場の医療保険に加入している方
老化が原因とされる病気により、介護や支援が必要と認定された場合にサービスを利用できます。

65歳になったら・・・被保険者証が交付されます。
65歳になった方(第1号被保険者)には、和歌山市から介護保険被保険者証が交付されます。被保険者証は、介護サービスを利用するためには必要な情報が記載されるものです。大切に保管してください。
※40歳以上65歳未満の方(第2号被保険者)は要介護認定の申請をして認定結果が出た場合などに交付されます。

保険料の納め方
65歳以上の方の介護保険料の決定(本算定)は、毎年6月に行います。ご本人あてには介護保険料(決定・納入)通知を毎年6月中旬に送付します。本算定後に、年齢が65歳に到達した方や転入された方、所得段階の変更や資格喪失した方等には、随時、介護保険料(決定・更正・納入)通知書を送付します。介護保険料の納め方には特別徴収普通徴収があります。普通徴収で納付書が介護保険料通知書に添付されている場合(口座振替以外)は、金融機関に納付することが必要です。介護保険料の年間額、支払い方法、期別の内訳等の詳細については介護保険料通知書をよくご覧の上、収め忘れのないようにしましょう。

和歌山市の保険料額について
対象者 15年度〜17年度(年額)
第1段階 生活保護受給者、または老齢福祉年金受給者で市民税世帯非課税 \22,760円
第2段階 世帯全員が市民税非課税 \34,130円
第3段階 本人が市民税非課税(市民税課税者のいる世帯) \45,510円
第4段階 本人が市民税課税で合計所得金額が200万円未満 \56,880円
第5段階 本人が市民税課税で合計所得金額が200万円以上 \68,260円